当たった宝くじ目の前に・・・

何度も何度も、見直した。信じられなかったから・・・。10分が過ぎ、20分が過ぎ。30分が過ぎていた。


それでも、夢だと思っていた。だから、何度も頬をつねったり、自分の顔をビンタした。


何度、おこなっても痛い!!


そう。明らかに現実だった。そして、私は、妻を起こそうと思った。その時、なぜか足が止まった。


ん?


まずは、誰に言えばいいのか?誰にも言わない?様々な思いが交錯した。例えば・・・・。



07/14 00:02

この記事を 編集・削除

[公開] [人生日記]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

クローバー

Category

Search

rss
rss2

QRコード