運命のルーレット

実家につくと、私の兄妹が勢ぞろいしていた。久しぶりに揃う顔ぶれに、気持ちもワクワクしていた。


話も長くなり、昼過ぎ。そろそろ夕食の買い出しにと妻の催促で要約、重い腰をあげた。


ココから先は、スーパーに向かう、普段の週末と何ら変わりは無い日になる。店に着くなり、いつものように宝くじ売り場へ直行。


スピードクジの換金の為である。しかし、この日。丁度、昼食時のため。午後14時からとなっていた。あと、30分位か・・・・。


買い物を終えたら丁度良い時間だなぁ〜と思いながら、私達家族は、お店の中に入って行った。運命が変わる切符を手に入れるまで、残りわずかの時間となる。


07/05 17:15

この記事を 編集・削除

[公開] [人生日記]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

クローバー

Category

Search

rss
rss2

QRコード