運命の宝くじを購入!

買い物を終え、スーパーで子供達にソフトクリームを購入。美味しそうに食べる子供達。


店を出ると、入り口にある宝くじ売り場の窓口へ。「スミマセン、これ換金したいんですけど・・・・・。」


私の声が、小さかったのか?店の女性は、無視している。すると横からオバサン2人が登場。「宝くじ連番、10枚。バラ10枚ちょうだい。」


順番ぬかし・・・。オバサンのパワーに圧倒されつつ、私の番。スクラッチを換金した後、宝くじを連番で10枚購入。


それを、無造作にカバンに入れて帰るという光景も、いつもと同じだった。しかし、これが人生を狂わす運命の切符となったのだった・・・・。


今考えれば、本当にラッキーだったのは、私でなく、横はいりしたオバサン達だったのかもしれない。


07/05 17:44

この記事を 編集・削除

[公開] [人生日記]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

クローバー

Category

Search

rss
rss2

QRコード